副収入を手っ取り早く作れる副業とは

空いた時間でお金を稼げるのであれば稼ぎたいですよね?毎月3万円だけでも稼げたら助かりますよね!そんな副業に関する情報を紹介しています。 - ウェブライターで副収入

アーカイブ

カテゴリー

ウェブライターで副収入

今社会の中では雇用状況が生涯雇用から一変して、明日の生活が保障されているという訳には行かなくなってきました。そんな時代だからこそ、副業を持つことで生活の危機を回避する備えをする人がたくさん増えてきているのが現状です。
在宅での副業を考える人の中でパソコンを使った職業のひとつとしてライターと言う職業は一番人気ともいえるほど流行っていると言えます。その仕事とはどのようなものなのでしょうか、まずは記事ライター募集と言えばどのようなイメージでしょう。
雑誌や新聞の記事を書く仕事についている人をそう呼ぶのですが、副業で言うと少し違います。プロとして文章を書くことに関しては違いありませんが、大体の場合副業で携わっている人はウェブライターと呼ばれています。
その名の通りウェブ上のページに載せる記事を書くというのが主な仕事になります。雑誌や新聞などの記事を書くことと違い、記事に自分の名前が残ることもありませんが初心者であっても始めやすい職業のひとつではあります。
サイト上にある募集の記事などからエントリーすると、企業との連絡を取ることになります。その後簡単な文章テストなどがあり登録完了後に企業などからの記事の依頼が来るようになるのです。
取りまとめの業者が間に入ることが多いので、その収入はあまり他高額なものではありませんが、経験やスキルによってその記事単価は変わってくるので始めは小遣い程度の稼ぎでもきついと思いますが、長く続けてみることをお勧めします。
記事の受注状況にもよりますが、慣れている人の場合、1日平均2〜3時間の記事作成で時給に換算して1000円程度の収入になります。
記事の単価と言うよりも一文字の単価で変わるので大体500〜1000文字の記事ひとつで一記事100円〜300円の仕事になります。
時間を使っている割にあまり稼げないと思う人も居るかもしれませんが、外に出て交通費をも使ってのアルバイトに行くことを考えると、家に居る間の2時間程度を記事を作成することに費やすだけで収入が得られるのですから他で仕事をしていたり会社員として働いている人の副業収入としては十分なものなのではないでしょうか。
ウェブでの記事作成後その著作権は納品した業者のものになりますので、自分の書いた記事に出会いたいと思ってもなかなかお目にかかることは出来ません。それでも業者との上手い連絡の取り方などを把握していればプロでなければいけない職業ではないと言うことなのです。

更新情報

▲PAGE TOP

Copyright(C)2015 副収入を手っ取り早く作れる副業とは All Rights Reserved.